ひなもり銘木について

ひなもり銘木の歩み

ひなもり銘木は、木の“温もり”を感じていただけるよう『徹底した管理・選別』を心掛けております。

先代、丸野泰友が昭和24年に丸野銘木店として設立し、平成18年に株式会社ひなもり銘木に改名。

先代の丸野泰友は銘木の“自然の美”に惚れ込み、全国各地に足を運んで、木を見極め、木の良さが一番出るように加工を行っていました。

これまで、原木や製品などで沢山の賞をいただき、自信を持って皆様のお手元にお届けしています。

 


ひなもり社長メッセージ

 【常に本物であること。】

千年を経た木は千年持つと言われています。悠久の時を経た木はそれなりの風格を備え、それはウイスキーモルトの熟成と似て、本物の良さを引き出していくのです。 

ひなもり銘木では、10年-20年という長い時間をかけて材を自然乾燥させています。先代がその目利きで集めたこだわりの“木”。すべてに“気”がこもっております。“気のある木”にどうぞ会いにいらしてください。

社員一同心よりお待ちしております。

株式会社 ひなもり銘木 代表取締役 丸野典子